にのみー石鹸作り教室


The hut of alchemist Kio

にのみー石鹸作り教室


やのみー探検隊のメンバーが地域起こしに取り組む若者と一緒に、楽しく石鹸作りを学んだ。講師は先日、アロマを教えていただいた隅田先生。


沖本副隊長が秋本協力隊員を迎えに行き、まず勢良隊長宅でローリエやセージなどの葉を収穫。

秋山協力隊員は初めての矢野。絵下山に案内し、ここから彼女のステージである似島を見る。

ちょっと寒かったがピクニック気分。

そして、矢野某所のやのみー探検隊事務所で、石鹸づくり教室。

講師はアロマセラピストの隅田先生。地域おこし協力隊の大先輩である花房さんも参加。

実は、秋山協力隊員もキャリアこそ浅いが石鹸作りのプロ。隅田先生と情報交換をしながら進める。

苛性ソーダの準備。皮膚に付いたり、揮発した気体を吸ったりすると危険なので、マスクと手袋を着用。

オリーブオイル、パームオイル、ココナツオイルをきっちり分量を量って合わせる。

苛性ソーダと配合オイルの温度を、それぞれ43℃に合わせる。

オイルと苛性ソーダを混ぜる。ひたすら混ぜる。交代しながら30分。

先生が準備してくださったたくさんの中から、好みの香りのエッセンシャルオイルを選び、合計100滴。

白い石鹸の素に、色を付けた石鹸の素を上手に流してマーブル模様を作る。

勢良隊長だけ台所で違うことをしていた。蒸留器の披露。

準備したのはレモンバーム(メリッサ)の葉、パイナップルセージの葉、サザンカの花びらの3種類。

それぞれ30分くらいずつかかる。

サザンカウオーター(左)は、メンバーに「土のにおい」と言われた。

パイナップルセージウオーター(中)は、メドーセージと同じような香りだが、色が透明(メドーセージは緑色の濁りがある。)

メリッサウオーター(右)は、本日一番の人気。レモンのような香りがしっかり抽出できた。

このフローラルウオーターを、スプレーボトルに入れて、手に噴霧。

セージはさらっとする。メリッサは少し油分を感じたあとに、やはりさらっとする。

保存料として無水エタノールを配合したが、そのにおいは気にならなかった。

このあと、似島から秋山協力隊員が持ってきてくれたレモングラスをハーブティーにして飲みながら、談笑。

この日も楽しい教室となった。

https://alchemistkio.amebaownd.com/posts/1594980

Yanomii Tanken-tai

If we say "that is a mountain of rear" and turn our backs, that is only a dangerous place. If we say "that is a close mountain" and turn our eyes, that tells us various things.

0コメント

  • 1000 / 1000